読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模擬授業の準備

 今月は、今年のまとめや来年度の準備などとともに、高校での模擬授業に呼ばれています。明日、行ってきます。今日はその準備などをしていました。
 高校での模擬授業はこれまでに何回かこなしました。幼児教育の内容で、短大での幼児教育向けの授業の体験をさせて欲しい、という依頼がよく来ます。私はこれまでには、子どもの言葉の発達段階を取り上げ、それらの段階で子どもにどう関わるべきかを考えるという体験をさせていました。しかし、今年の授業でブッククラブを体験させたり、絵本探究の授業で絵本について調べさせたりしたので、これからは「絵本の読み聞かせ」を体験する内容にしようと考えています。今回は、「対話型読み聞かせ」体験のミニチュア版を試みます。
 内容は、最初に子どもの言葉の発達段階のごく概略を話し、また子どもにとっての絵本の重要性について説明します。その上で、絵本の対話型読み聞かせの体験をさせます。10種類の絵本を用意しました。それを選ばせ、対話型読み聞かせの方法を簡単に教え、実践してもらおうというわけです。10種類の絵本は、いろいろ調べて以下の10冊にしました。

もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ

おじさんのかさ (講談社の創作絵本)

おじさんのかさ (講談社の創作絵本)

すてきな三にんぐみ

すてきな三にんぐみ

じがかけなかったライオンのおうさま

じがかけなかったライオンのおうさま

きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)

きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)

ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋)

ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋)

どうぶつさいばん ライオンのしごと

どうぶつさいばん ライオンのしごと

パイルドライバー (fukkan.com)

パイルドライバー (fukkan.com)

 これらは、岩瀬直樹さんのブログや名古屋市図書館のWebページを参照しました。ありがとうございました。
 さて、高校生たちはこれらの絵本を読んで、どんな感想を持ってくれるでしょうか。また、どんな読み聞かせを展開してくれるでしょうか。楽しみです。
 また、「対話型読み聞かせ」を体験させることで、国語の学びにもなると考えます。何しろ、絵本の内容を読み手に考えさせる質問を作るのですから、絵本の内容・意味をしっかり考えねばなりません。ですからこの授業は、読み聞かせを表のメインとしながら、裏のメインは国語の学びをさせるということにあります。はてさて、どうなることやら……。