読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国大学国語教育学会第130回新潟大会に参加しました

 5月28日(土)・29日(日)と新潟大学教育学部を会場にして、全国大学国語教育学会第130回新潟大会が開催されました。この学会は私がメインで発表している学会です。それが地元に新潟大学で行われるとは、何という巡り合わせかと思います。事務局として活躍されたのは私の恩師です。お疲れ様でした。大変だったと思います。何しろ大きな大会ですからね。
 私は「短期大学におけるワークショップ授業の実践と評価(2)」と題して、研究発表を行いました。昨年実施した授業における実践をまとめたものです。会場に来てくださった先生方はまばらでしたが、それでも20名近くは聞いてくださったと思います。ありがたいことです。
 短大の国語の授業にリーディング・ワークショップ、ライティング・ワークショップを導入した授業の2年目の実践です。1年目で明らかになった課題を解消することを目的とした実践であり、その成果は出せたと思います。同時に、新たに起こる課題もあります。何度でも挑戦できることは嬉しいものだと思います。
 そして、学会発表は楽しいです。発表の準備も楽しいです。自分を追い込むあの過程が、自分への挑戦心をかきたてます。発表自体も楽しいものです。しかし、何よりも楽しいのは質疑応答の時間です。自分の発表に対してどのような質問が浴びせられるか、毎回毎回ワクワクしながらその時間を過ごします。私が困るような質問が来れば、それこそが私にとって参考になる質問です。私の研究の足りないところ、不備なところを労せずに指摘していただけるのですから、こんなにありがたいことはありません。今回も幾つかの質問をいただきました。私の説明不足を補うことができましたし、考えを整理することもできました。そして、私の発表方法の未熟さを確認できましたし、私の評価方法の問題点を再確認できました。やはり、あのような評価法では十分な考察を導くことはできないですね〜。統計学をしっかり学びたいなぁ。そして、テキストマイニングの方法を知りたいなぁ。切望します。
 学会は、他の方の発表を聞くのも楽しみです。今回は、私のすぐ後に発表された信州大の藤森裕治先生の発表が刺激的でした。国語科と音楽科との教科間連携をテーマとしたものなのですが、実際は学習者の目的意識の醸成、学習者間の協働化、それを促しサポートする教員の働きかけとそのあり方について、重要な知見を含んだものでした。やや教員の主導が勝っている感はありましたが、これはワークショップの授業観と共通するものがあると思います。とても興奮しました。
 結局、2日目の午後だけしか参加できませんでしたが、それでも十分に成果のあった学会でした。