読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統計学を学ばねば!

 私が熱くフォローしている方の一人に早稲田大学の向後千春先生がおられます。その向後先生の新刊を入手しました。統計学の基礎が学べます。

身につく 入門統計学 (ファーストブックSTEP)

身につく 入門統計学 (ファーストブックSTEP)

 私の統計学の知識は向後先生のご著書によるところが大きいです。向後先生には下記の2冊があり、大いに学ばせていただきました。
統計学がわかる (ファーストブック)

統計学がわかる (ファーストブック)

統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】 (ファーストブック)

統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】 (ファーストブック)

 統計学の本は他にも数冊読みましたが、これらの本は抜群にわかりやすく、何度か読み返しては確認していました。
 それでも、年をとってからの学問はなかなか身につかないせいか、統計学の意味合いを今ひとつ「実感」することができていませんでした。しかし、『身につく入門統計学』を少し読み始めて気づいたことは、これは実際にデータをエクセル等でいじる必要があるかな、ということでした。この『身につく入門統計学』では、本に取り上げられているデータを書籍サイトからダウンロードできるようになっています。統計学を身をもって理解するためには、やはりこうしたデータを直接扱ってみなくてはならないかな、と思いました。もちろん、今までの『統計学がわかる』の2冊にもデータのダウンロードサービスはあります。しかし、私はサボって、これらのデータを扱わなかったのです。そして、統計プログラムをさっそく動かしてみたり、エクセルの関数をいきなり使ってみたりしていました。
 でも、この『身につく入門統計学』を読み始めて、データを自分の手で扱いながら読んでみようかな、と思わせられました。ごく初歩の内容なのですが、だからこそ学び直そうかと思わせるものがあります。実際、何かを身に付けるには本からの知識だけでは足りず、自分の手足で動いてみなければなりませんからね(もちろん、本からの知識も大切ですが)。