読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明けましておめでとうございます

 2013年を迎えました。明けましておめでとうございます。
 今日は元旦だが、集会で新年特別学び会があった。秋田と金沢にある集会から兄弟をお招きし、午前と午後に2回ずつ、聖書のみことばを学んでいただいた。お二人とも真摯に着実にお話をなさる方々で、学びを聞いていて私自身とても教えられた。今まで気づかなかった聖書の箇所に気づかせてくれたり、なじんでいる箇所で新たな見方を得て、教えられるところが多かった。大変幸いであった。集会の後、皆さんですき焼きを一緒に食べる。相変わらず食べ過ぎる。
 実は、家内が昨日けがをしてしまった。掃除をしていて、風呂場で滑って転んでしまったのだ。足首を捻挫し、ほかにもいくつかの打撲傷がある。昨日は、救急病院に駆け込み、処置をしてもらった。しかし、松葉杖をつかねばならない状態で、ほとんど動きがとれない。残念ながら、昨晩の私の実家への帰省も、今日の学び会にも、彼女は出ることができなかった。残念だが仕方がない。養生してもらって、早く治してもらいたい。しかし、私自身も切羽詰まった状況にあり、あまり家事を手伝うことができない。ここは家族みんなで協力して乗り越えていきたい。
 博論の修正をしなければならない。しかし、驚いたことに、冬休みに入ってもまだ何も手を付けていない。別の原稿の締め切りに追われていたせいもある。新しいMacを買い、その周辺環境の整備に手間がかかったせいもある。だが、やる気は満々なのに、なぜか取りかかることができなかった。思い返しても不思議でならない。だが、もはやそんなことは言っていられない。ともかくも形を整えて、来週の9・10日には提出しなければならないのだ。負けてはいられない。約1ヶ月前もこう言って自分自身を鼓舞していた。「負けてなるものか! 負けないぞ! 必ず書き終えるぞ!」今回もそう言って、自分を鼓舞しよう。
 Macの周辺環境整理がやっと終わった。外付けHDをフォーマットし、パーティションに分けた後、AirMac Extreme ベースステーションにつないで、MacBook Airに認識させる。これが意外に手間がかかった。そもそもフォーマットとパーティション分けをいったい何度やり直したことか。Pantherの頃の遺産を保存したいのだが、フォーマットの形式を汎用のものにしないと認識してくれなかった。その後でAirMac ExtremeにHDをつなぐ。しかし、最初は認識をしてくれず、Appleのサイトでやり方を確認して、ようやく認識させた。後はTime Machineを2台のMacで行わせ、バックアップを取る。さらに、PowerBook G4の音楽ファイルをMacBook Airに移植し、PowerBookを2階のリビングに移動させ、プリンタの位置を変更し、自分の書斎の机上を整理した。やっとこれで、やりたいと思っていた周辺整理が完了した。まだPowerBook内のデータを整理したいところだが、それはこれから暇を見てやろう。
 さらに、MacBook AirにPagesとKeynoteを購入してインストールする。これでほぼ完了。やれやれ。この整理をしたいとずっと心に引っかかっていたが、なんとか終えた。私は、こころに引っかかっていることがあると、次の作業に集中できないきらいがある。そのため、貴重な時間だったが、こちらに費やした。
 そして、やっと懸案の原稿を書いて送付した。さあ、ここからは心置きなく博論の修正に全精神を集中できるぞ。
 そんな中、先に購入したこの本をざっと読み終えた。

 長男につられて入り込んだ世界だが、なかなか面白い。この1巻は大変良くできているようだが、それも宜なるかな。一気に楽しめた。次巻以降も少しつきあってみよう。