読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1週間が終わる

今日で1週間の仕事が終わります。この1週間はいろいろと振り回された週でした。月・火と実習の巡回に行ってきました。なかなか楽しい経験でした。昨日はロイロノートの使い方について、大学の担当者と一緒に検証し、これは便利なものであることを確認しまし…

ロイロノートは使える! かも

ここしばらく、実習に出ている学生の巡回に行っています。先週の木曜日、そして今週に入って今日と明日、実習先を巡回しています。学生たちが現場で生き生きとしている様子を見るのは嬉しいですね。子どもたちの存在が彼らをそうさせているのだと思います。 …

ロイロノートは使えるか?

本学ではiPad Air 2を130台所有しています。それを使った授業を実施するようにと求められています。また、1年生にはWindows Tabを配布し、タブレット端末を使った授業が行いやすくなっています。 私がタブレット端末を授業に導入するとしたら、その価値は学…

新潟市立図書館で絵本をゲット!

先日、新潟市立図書館に、7月2日(土)の公開講座で使用する絵本を借りる手続きをしました。その絵本が用意できたという連絡が入ったので、今日、取りに行きました。10種類の絵本をそれぞれ4冊ずつ、計40冊の絵本です。 さすがは図書館ですねぇ! 絵本の複本…

事務作業の1日

今週・来週と2年生は幼稚園実習に出かけている。そのため、2年生の授業はお休みとなる。前期の私は2年生の授業が大半なので、この2週間は授業がぐっと少なくなる。もっとも、実習先の幼稚園に巡回に行くので、決してまるまる2週間暇しているわけではない。特…

素話の実践の授業

昨日と今日と言葉指導法2では素話の実践発表を学生にさせました。先週、素話について説明・実演し、今週までに素話を1つ用意してくるようにと伝えておきました。今日は、その実践発表です。 学生を3〜5人のグループにさせます。そのグループ内で素話を発表し…

新潟市立図書館にて

7月2日(土)の13:00に、本学の公開講座の1つ、「体験しよう! 明日からでもすぐに使える、楽しく読み力をつける方法」を開催します。 http://www.n-seiryo.ac.jp/extension/ec/16zenki106/ 今日は、この講座で使用する絵本を借りに、新潟市立図書館「ほん…

『算数・数学はアートだ!』読書メモ

算数・数学はアートだ!: ワクワクする問題を子どもたちに作者: ポールロックハート,Paul Lockhart,吉田新一郎出版社/メーカー: 新評論発売日: 2016/04/08メディア: 単行本この商品を含むブログを見る この本を、少々時間をかけてじっくり読んでいます(とい…

レビュー・マトリックスとコンテンツ・マトリックス

先週の金曜日の午後から昨日まで、仙台に行っておりました。聖書の福音を語り、聖書の学びをする奉仕です。守られて感謝でした。 さて、改めて今週の始動です。今日のゼミでは、学生たちに文献調査を進めさせました。先週のゼミでは、各自の研究テーマに沿っ…

素話の授業

今日と来週の授業では「素話」を扱います。素話は絵本の読み聞かせや紙芝居、パネルシアター、ペープサート、エプロンシアターなどと違い、観客である子どもたちの反応がダイレクトに帰ってくる、実にスリリングな活動です。同時に、学生たちにとっては敷居…

指導の経験がものを言うようになった

今日は私のゼミがありました。前回までに、学生各自の研究テーマをとりあえずまとめさせ、今日はテーマに沿って文献調査を行わせました。ゼミの時間が終わった時、ある学生が私のところに来て、「自分は〜〜というテーマで研究しようと思っていたが、今日、…

全国大学国語教育学会第130回新潟大会に参加しました

5月28日(土)・29日(日)と新潟大学教育学部を会場にして、全国大学国語教育学会第130回新潟大会が開催されました。この学会は私がメインで発表している学会です。それが地元に新潟大学で行われるとは、何という巡り合わせかと思います。事務局として活躍…

紙芝居、パネルシアター、エプロンシアターの比較の授業

昨日と今日、紙芝居、パネルシアター、エプロンシアターの比較をさせる授業を行いました。 紙芝居については昨年の授業でも取り上げ、学生同士で演じさせています。エプロンシアターは他の教員が取り上げたりして、学生たちにとっては比較的馴染みのあるもの…

学会発表資料完成!

今日も、ほぼ1日をかけて学会発表資料を作成していました。昨日は結構快調に進んだので、今日は半日くらいでできるかなと思っていたのですが、やはり甘かったですね。 資料の後半は実践研究の効果測定の結果について報告するのですが、それをグラフを描いて…

学会発表に向けて

今度の土日に、新潟大学で第130回全国大学国語教育学会新潟大会が行われます。この大きな大会が新潟大学で行われるということで、今年はなかなか重要な年です。私の指導教官であられる先生が事務局となって、大変お忙しい毎日を過ごしていらっしゃいます。何…

個人資料をスクリーンに映しながらのゼミ活動

今日はゼミ活動がありました。私のゼミには13名の2年生が配属されています。彼らに、この1年間のゼミ活動を通して個人としてどんな研究をしていきたいか考えさせてきました。その個人研究テーマを報告書にして提出させ、今日はそれを基にしてゼミ員全員で検…

絵本の読み聞かせの実習

今日、明日と、授業で絵本の読み聞かせの実習を行います。学生たちに読み聞かせたい絵本を持参させ、「ドラマの女王(または王)のように読む」ことを目標に、読み聞かせを行わせます。 最初に、恒例の絵本の紹介を行いました。ゆらゆらばしのうえで (日本傑…

活舌調音は大好評!

先週の言葉指導法IIで「活舌調音」について取り上げました。絵本の読み聞かせを行うにあたって、自分の喉の調子や活舌が良くなかったら、自在に声を出すこともできません。よって、活舌調音を紹介し、試してみました。 今日は、その際の授業の大福帳を読んで…

漢字の学習をどうしよう…

今日は、金曜日の教養国語の大福帳を読んでいました。漢字の小テストをしているのですが、漢検2級のテキストを使っていることもあり、「難しい」「範囲が広すぎる」などの声が多く書かれています。「短大生なのだから、そんなの当たり前だ!」と突き放す手も…

にいがたファシリテーション授業研究会5月定例会

昨日の夜、「にいがたファシリテーション授業研究会」の5月定例会がありました。毎月定例会が開催されているのですが、ほとんどいつも私の都合と合わず、欠席が続いていました。今回は、7月2日(土)の公開講座のPRをしたいと思い、事務局のみらいずWorksさ…

滑舌練習の授業

今日の言葉指導法IIは、昨日紹介した『Read Aloud Magic』の内容を用いて、学生たちに読み聞かせ方について考えさせるものでした。しかし、結果的には別の内容になってしまいました。 予定では、第2章の「ドラマの女王(または王)のように読む」の内容を確…

ドラマの女王や王のように読む

昨日は本学短大恒例のプレイデーでした。私のゼミに属する2年生と私がアドバイザーを務める1年生との交流を深めることを目的として、2年生のゼミ生が企画し、1日中交流会を行いました。私は残念ながら叔母の葬儀があったため、午前中は参加できず、午後から…

漢字教育の方法を探る

算数・数学はアートだ!: ワクワクする問題を子どもたちに作者: ポールロックハート,Paul Lockhart,吉田新一郎出版社/メーカー: 新評論発売日: 2016/04/08メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 吉田新一郎さんのこの新刊はとてもワクワクさせられる本…

Windows版のMetaMoji Share

本学では学生に対してノートパソコンを貸与していました。今年度から、1年生に対してはタブレットPCを貸与しています。機種はWindows タブレットPCです。私個人としては、iPad Proの方がいいのではないかと思います。ただし、iPad の欠点として日本語入力が…

絵本のインサイドストーリー

今日の言葉指導法IIから絵本の読み聞かせを数回にわたって取り扱います。今日は「絵本のインサイドストーリー」と題して、絵本の絵の中に描かれている、本文のストーリーとは違うストーリーを扱うことにしました。 私が紹介したのは次の絵本です。とん こと…

公開講座のご案内

新潟青陵大学・短期大学部では公開講座を開きます。その前期に1つの講座を企画しましたので、ご案内いたします。 講座名は「体験しよう! 明日からでもすぐに使える、楽しく読む力を身につける方法」です。この講座では、講師に吉田新一郎さんをお招きします…

統計学を学ばねば!

私が熱くフォローしている方の一人に早稲田大学の向後千春先生がおられます。その向後先生の新刊を入手しました。統計学の基礎が学べます。身につく 入門統計学 (ファーストブックSTEP)作者: 向後千春,冨永敦子出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2016/04/1…

事例を基にした話し合いの授業

今日の授業は1つ。2年生の授業でした。最初に絵本を1冊読み聞かせました。この授業では、毎回1冊ずつ私が絵本を読み聞かせようと思っています。今回取り上げたのはこの絵本です。だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本)作者: いとうひろし出版社/メー…

仕込みの1日

今日は授業がなく、1日かけて明日からの授業の仕込みをしていました。でも、まだ足りません……! 私の時間割は週の後半に授業が集中しています。木曜は1コマですが、金曜は3コマ入っています。いや、正直言って辛いです。しかし、この時間割を組んだ責任者の…

今日は「大福帳」day

今日はひたすら「大福帳」に返事を書いていました。私は前期の授業のすべてに「大福帳」を使っています。大福帳とは早稲田大学の向後千春先生から教えていただいたもので、教員と学生一人一人とのコミュニケーション・ツールです。A4用紙裏表に、学生が授業…

今年度のゼミのスタート

今年度のゼミがスタートしました。私の勤務先では、2年生のみがゼミに入ります。1年生はゼミがなく、代わりにアドバイザー・グループというものに入ります。これは、その名の通り「相談先」的なものです。本格的なゼミ活動は2年生のみとなります。1年生は寂…

授業がスタート

今週から授業がスタートしています。私は週の後半に授業が集中していて、昨日は今年度初の授業が1コマ、今日は1限〜3限と3連続の授業でした。3連続の授業はやはり疲れます。ヘトヘトになります。体力がなくていけませんね。午前中は2コマ連続だったので、も…

オリエンテーションの日々

短大は今週1週間はオリエンテーションです。1年生と2年生に、新しい学生生活をスムースに送らせるために、いろいろ説明をしたり作業をしてもらったりしています。昨日までは私の出番はあまりなかったのですが、今日から3日間は私の出番が多くなります。責任…

『ウサギ』の質問づくりの授業

連休は日・月曜と東京に行き、聖書の学び会に出席してとても充実していたが、それは別件。 連休明けの今日は、非常勤を勤める高校の授業があった。小説教材『ウサギ』を読解していく、いよいよその中身に入っていく。しかし、今日と明日の2コマをかけて、私…

「手紙の書き方」を教える

今日の授業は教養I「国語」というものである。この授業は実用的国語力を伸長させるためのもので、今日から残り5コマで実用文作成のための基礎知識を扱う。今日は「手紙の書き方」である。 日本文化における手紙の書き方は、外国人には羨ましがられると聞い…

言葉指導法Iの授業

非常勤でお世話になっている高校は昨日から授業が始まったが、短大は今日から授業が始まった。私の短大での、今年最初の授業は言葉指導法Iである。 この授業では、ここしばらくは絵本の読み聞かせを取り上げている。年をまたいでの今日はその3回目である。…

質問づくりの授業を試そう

今日も非常勤講師を勤める高校の授業準備を進めた。昨日は授業全体についての構想を進めていたが、今日は1時間目の授業づくりを進めた。明日から高校の授業が始まる。今週の授業は明日だけなので、とりあえず1時間目の授業について考えていた。 1時間目は教…

1年の始動

2016年が始まり、今日はその仕事始めである。私は今日から仕事を再開する予定にしており、午前中から研究室に来て仕事を開始した。とはいえ、今日やったのは、非常勤講師を務める高校で担当している授業の準備(の準備)である。短大は7日(木)から始まるが…

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 このダイアリーを長年サボっておりました。短大の授業に関する情報発信の可否について悩むところがあり、新たな発信をためらっておりました。そのため、ダイアリーの更新を怠っておりまし…

全国大学国語教育学会兵庫大会で発表してきた

5月30日(土)、31日(日)と全国大学国語教育学会兵庫大会が姫路市で行われた。私はこの2日目に発表してきた。昨年秋以来のこの学会での発表だが、やはり発表は楽しいな、と思わせられた。姫路までの道のりは遠かったけれどね。 私が行った発表は、「短期大…

2年目の安心感

今日は金曜日だが、本学は曜日調整で水曜授業が行われている。ただ、通常の金曜日は私は大忙しの日になる。授業が1〜3限と連続するのだ。2限でお昼休みをはさむけれど、午前中はすべて授業で埋まり、午後も14時30分まで授業である。前期は必ずこうなるのであ…

絵の中にストーリーがある絵本

今日の言葉指導法では、絵本の読み聞かせを扱った。読み聞かせについては昨年の指導法ですでに触れてはいる。しかし、1度くらい話を聞いたからといって、読み聞かせがうまくなるわけではない。まして、絵本の奥深さについて考察を深めることもできない。そこ…

文献検索の方法の授業

今日の2年生ゼミは文献検索の方法についてであった。本学図書館の司書の方が図書館のOPACを用いた文献検索のしかたについてレクチャーしてくださる。毎年のこの時期に、2年生ゼミでこの授業をしてくれる。非常にありがたいことだ。学生にはせっかくのこの機…

絵本の読み聞かせ

今日は、昨日行ったオピニオン・ペーパーを用いた授業の別のクラスがあり、そこでも同じようにして行った。この授業は、私は3クラスを持っている。よって、同じことを3回繰り返すわけである。それぞれに対象となる学生が異なるものだから、その反応にもクラ…

オピニオン・ペーパーによる意見交流の授業

短大の授業も2週目を迎えている。学生も新しい授業や時間割に次第に馴染んできて、落ち着きが出てきた。ただ、私の言葉指導法IIは、当初に確保した教室に対して受講者数が多すぎて、余裕をもった授業運営ができそうになかった。そこで、教室の変更をお願いし…

短大の授業も本格スタート

短大における私の前期の授業は2年生が中心である。その1つが言葉指導法IIという科目だ。これは領域「言葉」の指導法について学ぶ、演習科目である。この科目は3クラスに分かれているが、今日はその第1回の授業があった。 初めにシラバスの説明をする。その後…

小説の場面分けの方法

高校での授業の2時間目。いよいよ「羅生門」の読解作業に入った。まずは、昨日終わりきらなかった本文の朗読を私が続けて行う。朗読がうまい教師は得だろうなぁ。それだけで作品世界の中へ生徒を連れ込むことができそうだ。もっとも、教師がうまくなっても…

現代文の茫洋さ

今日は高校の非常勤講師として、今年度初めての授業を行ってきた。1年生の国語総合の現代文分野である。自己紹介の後、年間指導計画を説明した。その際、今年扱う予定の教材名を紹介し、教科書の目次に印をつけさせた。 これをさせながら、いつも「現代文の…

授業開始

先週1週間のオリエンテーションも何とか終わり、今日から授業開始である。早速、2年生のゼミがあった。 ゼミでは、メンバー全員に自己紹介をしてもらった。「1分間話しきること」を条件に、一人ずつ自己紹介をしてもらう。1分間という時間は結構長い。名前と…

オリエンテーション2日目

新潟市は桜がそろそろ満開である。研究室の窓から見える桜も、ほぼ満開の状態だ。しかし、昨日の雨に続き、今日も時折雨の降る曇り空で、気温も結構低い。桜の季節にしてはちょっと不似合いな天候である。でも、今年は桜の開花は早いほうじゃないかな。明日…